信用取引の仕組み

信用取引の仕組み

信用取引の構造

信用取引に関しては、顧客は、会社と基金または売付証券を買って借りて、買って、それに売る仲介の
保安として積送品保証金(見込み金額の一定の比率)を預けて、予定の制限時間の前に既存に譲り渡す方法に
よって、見返り貿易または既存の引きが返すビジネスです。
積送品保証金が現金以外の恒常的な証券でそれを代えると認められます。
信用取引は「システム信用取引」と「一般的な信用取引」を含みます、そして、いつ信用取引によって
あなたに売り買いを委任するかについて、顧客も選びます。
「一般的な信用取引」に、これらの問題が自由に顧客と証券会社間の合意に
記事賃貸(返済の制限が交換の原則によって一様に「システム信用取引」で決定される時)の基礎をおいたと
決めることができます。
「システム信用取引」を実行することができる一種の証券は、リストされた問題
(システム信用取引問題)で恒常的な標準を満たしたブランドです。「システム信用取引」を実行するとき
売り買いがestablished.In追加であった日から6ヵ月以内に、あなたはそれを払わなければなりません。
一方、買い顧客は証券会社に値上がり株を受領した基金で金利を買う方法を払います。
そして、売付顧客は証券会社から逆に金利を販売価格で売るために方法を受けます。
システム信用取引問題とローン業務株(証券会社が必要な買い資金の進歩を捕える。
そして、システム信用取引のシステム信用取引のための売付有価証券が証券金融会社から出るビジネス
(ローン業務)を、果たすことができるブランド)の選択がそれを月に一度一般に各々のブランドの
会計期間を含む月のその翌月からの口座月のあらゆる同じ種類の解決とみなすと決めます。
そして、1日目の間の6ヵ月めの月の、それを選びます(たとえば、9月1日に3月に会計期間を歓迎する
ブランドについて)。

信用取引の仕組みとなります。

copyright(C)証券取引基礎知識